犬迫珈琲よくある質問

こんにちは。

町のあちこちで犬迫珈琲が話題になってきたりしまして、いろんな質問をうけます。

意外とと言いましょうか…宣伝不足でなかなか伝わってなかったりしまして申し訳ございません。

いくつかよくある質問を書こうと思います。

 

まず犬迫珈琲は、コーヒーの生豆を犬迫町で生産しているわけではありません。

仮にできたとしても、なかなか結実は難しいでしょう。生豆は世界のコーヒー生産国から輸入してます。ブラジルだったりコロンビアだったり、グァテマラ、タンザニア、インドネシア、エチオピア…。

そして、焙煎は犬迫町で行ってます。

焙煎所は山奥です。それからブレンドし、一つの犬迫珈琲ができあがります。ほんとは何種類もできるんですが、いろいろ考えまして犬迫町らしい田舎を連想させるようなブレンドをイメージして一つのブレンドにしてます。

そして犬迫町の泉石蔵。

神社の前にある農産物直売所です。

そこで毎日販売してます。
完売の場合がありますが、たまに販売しているわけではありません。
なるべく、在庫切れがないように頑張ります。

試飲販売は、泉石蔵で毎週火曜日のみ行っています。

簡単なコーヒー教室も行っていますので、なんでもお気軽にお尋ねください。

その日の気分で濃いめを準備したり、軽やかにしてみたり…。

泉石蔵では、犬迫珈琲をよく購入されてくださるお客様にお会いできたり、大変充実した時間を過ごしています。

なお、泉石蔵の名物うどんそばの食事コーナーをお借りして、毎週3時頃より6時過ぎまでおります。

犬迫珈琲は豆と粉と準備しております。

豆と粉をそれぞれ販売しています。ミルなどで、コーヒーを淹れる直前に、粉にされることをおすすめします。
粉にしたときの犬迫珈琲の香りをお楽しみください。

では、もっともっと美味しい犬迫珈琲のために努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

 

The following two tabs change content below.

宮下健

代表犬迫珈琲
ハンドローストからキャリアをスタートし、希少性のあるFuji Royal赤外線付き半直火・半熱風焙煎機を操るスペシャリスト。 スモールロースターの強みである徹底したハンドピックにこだわりを持つ。 犬迫珈琲代表 Roaster & Inuzako Photomap Project代表 独自のハンドドリップや、ネルドリップを得意とし、誰でも美味しく淹れられるコーヒー豆の提供を信条としている。 Inuzako Photo Map Project では、犬迫町内を駆け回る怪しい写真愛好家として活動中。 1979年生 鹿児島市犬迫町荒磯出身。